2005年08月09日

ベタ、ボロボロでごわす

夫がまた水槽を買ってきた。これでストックの水槽が6個。 (笑)
やはり、ショーベタは30cm水槽にしようということになった。
ベタマンション、早くも増築か。
2Fはフグに間貸ししようかと思ってたんだけどな。
我が家が、これでもかってほど水槽だらけになっていく〜。
ちなみにベタマンションの管理人は私で、 オーナーは夫
ということになっている。いつの間にか・・・。
そーか、私は管理人か。んじゃ1Fにでも住もうかしら。

さて、なんとか♂ベタが持ち直したので、ひと安心する。
今日は元気にエサも食べて、よく泳ぎ回っている。
一方、凶暴化した♀ベタは、ひとり落ち着かない様子だ。
昨日はパンパンに張っていたお腹が、今日はしぼんで見える。
自分で卵を産んで、食べてしまったんだろう。
次の産卵の時は気をつけないと、♀が食卵してしまいそうだ。
産卵が終了したならば、スグに♀を取り出すしかないだろう。
私の責任重大なわけよ。うーん、かなり難儀だ。
水槽内をかき回さず、 泡巣も壊さないように静かに♀だけ
すくう練習をしとかなきゃダメね。
なんだか、私も大変な状況に追い込まれてるって感じ。

ベタ夫婦の産卵が上手く行かなかったので、 夫はショックで
「お腹が痛い」と言い出す。
私もなんだか首が痛いわ、ずっと下から見てたから。
それに肩も凝ったみたい。かなりチカラも入ったし。
(ベタの産卵に、私が力んでも何の助けにもなりませんが)

結局、夫は諦めきれず再挑戦すると言ってるし、
ベタの回復を待ってもう一度お見合いをさせてみようかな。

posted by すねつむり館長 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

〈ベタ繁殖記 その2〉 男はつらいよ

昼頃から♀の様子に変化が見えてきた。
今まで♂に追い回されていたのだが、 だんだん泡巣の下まで
来るようになった。泡巣の下で、ジッと♂の様子を窺っている。
それに気付いた♂は、ソーッと近寄っていくのだが、 まだまだ
♀の警戒心が強く、スグにウィローモスの中に逃げていく。

[14:00]
♂が近寄っても、♀は激しく逃げなくなった。
少しだけスーッと避ける程度だ。
この調子なら、もうすぐ産卵の態勢に入るだろう。

[15:00]
♀の体躯が益々色濃くなって、婚姻線が出ている。
しきりに♂の近くへ自ら寄っていく。
♂は誘うように腰をユラユラ揺らして、ヒレを大きく広げている。
カラダを擦るようにして、触れ合うようになった。
ベタ夫婦の邪魔をしないよう、 下の方から覗いているため
私は首が痛くなってきた。

[15:30]
♂が♀を抱くように巻いている、いよいよ産卵の始まりだ。
しかしながら、巻かれていても♀は卵を出さないようだ。
♂はカラダをくの字にしたまま、失神して水槽の底に沈んでいく。
5秒くらいで気が付いて、また浮上してくる。
これを何度も何度も繰り返している。

[16:30]
さっきから、♂が巻いては失神して5秒で浮上を繰り返している。
肝心のメスは、失神して沈んでゆく♂を尻目に、
卵を数個ポロッと落としては、拾って食べてしまっている。
失神してる場合じゃないぞオスベタよ!しっかりしてくれ。
通常は、♀の方が長く失神していて、 ♂は先に気づいて
卵を拾って泡巣に付着させるそうだ。
ところが現実はそうはいかないのだよ、♂が失神、
♀はせっせとその間に食卵という具合なのだ。
もー、手を突っ込んで卵拾って泡巣にくっ付けたい気分。

[17:30]
ちょっと目を離したすきに、とんでもない事態が発生。
いきなり凶暴になった♀は、♂を追いかけ突き回し
ボロボロな姿になってしまったのだ。
おまけに、 逃げるときにウォータスプライトの根っこに
ヒレをひっかけてしまい、バシャバシャもがいているのだ。
ひー、えらいことになったよ。
絡まったヒレをそーっと根っこから離してみたものの、
時、すでに遅し。もう、ボロボロのヨレヨレ状態になっている。

[19:00]
しばらく様子を見ていたが、 あまりにも♂の消耗が激しいため
♀を隔離することにした。
ちなみに、♀は絶好調で元気に水槽内を泳ぎ回っている。
卵をかかえて、 お腹はパンパンに膨らんでいるのだが
繁殖は一旦休止することにした。
♀は、エサをバクバク食べているが、♂は瀕死状態だ。
あー、この先どうなるんだろう。

ベタ巻き巻きシーンです。

beta_awa_1.jpg
posted by すねつむり館長 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

〈ベタ繁殖記 その1〉 さかなの世界はキビシイのだ

朝からベタ♂は泡巣作りに余念がない。
水面をジーッと見つめて、何やら思案しているような仕草をする。
カニのようにブクブク泡を吹くのかと思ってたら、 一つずつ丁寧に
作っていくのね。
水面にウォータースプライトを浮かせたので、 フィルターによる
水流が和らぎ、今度は落ち着いて巣を作っているようだ。

[8:00]
ウォータースプライトの葉の裏側に泡巣がたくさん出来ている。
いよいよ、♂の繁殖態勢は整ったようだ。
♂・♀とも、体躯の色も益々濃くなり、発色が良くなっている。
色気づくとは、こーいうところから由来があるんだろうか。
なんちゃって〜。

[12:00]
いよいよ♀を繁殖水槽へ入れるため、水合わせを行う。
隔離用のボックスがやや大きく、 水槽内で扱いづらいので
結局、ペットボトルで隔離ボックスを作った。

[14:30]
準備が整ったので、 お手製の隔離ボックスを使って♀を
繁殖水槽へ入れる。
以前のように縦縞(視覚的横縞)も見られず、 お見合いは
上手くいっている様子だ。

[15:30]
♂はしきりに♀の前へ行って、フレアリングをしている。
攻撃的な様子はなく、誘うような仕草だ。
♀も以前のようにエラを開いて突撃することがなくなった。

[16:30]
んー、婚姻線らしきものが見える。
横縞(視覚的縦縞)が、頭の方に見えている。
♂は、泡巣を作っては♀の前へ行きヒレを開いて
ユラユラ揺らしている。
このユラユラは、人間で言えば「彼女、お茶でもどお?」
てな具合いなんだろうか。

[16:40]
おおっ!♀が隔離ボックスを飛び出して、 いつの間にか
水槽内で泳いでいるではないか。
どーりで、バシャッと音がしたと思ったわー。
自分で入っておいて、♀はあたふたしてるのだが、
♂は攻撃することもなく、 ゆっくり♀に近づいていって
そばでジッと見ている。なんて紳士なのかしら。感動。

[18:00]
♀は♂が近づくと逃げ回っている。
攻撃行動は見られないので、 後は時間の問題だろうと
高を括っているのだが良いのだろうか。
♂は時折誘う仕草をしながら、マイペースで巣作りをしている。
実際の産卵まで、もう少し時間が掛かりそうだ。
さかなの世界もいろいろと大変なのだよ。

posted by すねつむり館長 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

ベタ、泡巣を作り始める

beta_awa_1.jpg

昼頃、 ショーベタの様子を見ていたら水槽の隅の水面に
泡巣を作っているじゃないか!
キャーッ、嬉しい。
何度かお見合いさせるも、 まったく乗り気でなかった♂ベタが
やっと目覚めてくれたらしい。
さっそく、そのことを夫に電話で知らせると、 仕事の帰りに
繁殖に必要な器具を買って来てくれるとのこと。
なんて頼もしい夫なのだろう。(ここでたっぷり褒めておこう)
折り返し、大体の見積もりを電話で知らせてくれた。
「必要なら何でも買ってきて頂戴ね。」
熱帯魚のことになると、財布の紐が緩みっぱなしになってしまう。
そう言えば昨日、 近くのホームセンターで水槽セットが安かった
ので買っておいたのだが、 繁殖用飼育水を作り置きするのに
使えるので丁度良かった。また予備水槽をストックしておこう。
水槽大臣に益々拍車がかかりそうだ。

夕食後、繁殖水槽のセッティングをした。
ヒーターとスポンジフィルターを装備して、 ウィローモスと
オークリーフを底に、 水面にウォータースプライトを浮かせて
準備OK。心配していた水流も、 浮き草で水面が静かになって
これなら泡巣も壊れずにすみそうだ。なかなか良く出来た。
私が気に入っても、 肝心なベタが気に入らなければ仕方ないが
水合わせをしてから先に♂を入れたところ、 結構気に入ってる
様子に見える。
今の環境に慣れたら、 次は♀を飼育箱に入れて本格的な
お見合いをさせる予定。

繁殖水槽の写真は、明日アップしよう。
今日は泡巣騒動で疲れた・・・私が疲れてどーする。

posted by すねつむり館長 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。