2005年08月08日

〈ベタ繁殖記 その2〉 男はつらいよ

昼頃から♀の様子に変化が見えてきた。
今まで♂に追い回されていたのだが、 だんだん泡巣の下まで
来るようになった。泡巣の下で、ジッと♂の様子を窺っている。
それに気付いた♂は、ソーッと近寄っていくのだが、 まだまだ
♀の警戒心が強く、スグにウィローモスの中に逃げていく。

[14:00]
♂が近寄っても、♀は激しく逃げなくなった。
少しだけスーッと避ける程度だ。
この調子なら、もうすぐ産卵の態勢に入るだろう。

[15:00]
♀の体躯が益々色濃くなって、婚姻線が出ている。
しきりに♂の近くへ自ら寄っていく。
♂は誘うように腰をユラユラ揺らして、ヒレを大きく広げている。
カラダを擦るようにして、触れ合うようになった。
ベタ夫婦の邪魔をしないよう、 下の方から覗いているため
私は首が痛くなってきた。

[15:30]
♂が♀を抱くように巻いている、いよいよ産卵の始まりだ。
しかしながら、巻かれていても♀は卵を出さないようだ。
♂はカラダをくの字にしたまま、失神して水槽の底に沈んでいく。
5秒くらいで気が付いて、また浮上してくる。
これを何度も何度も繰り返している。

[16:30]
さっきから、♂が巻いては失神して5秒で浮上を繰り返している。
肝心のメスは、失神して沈んでゆく♂を尻目に、
卵を数個ポロッと落としては、拾って食べてしまっている。
失神してる場合じゃないぞオスベタよ!しっかりしてくれ。
通常は、♀の方が長く失神していて、 ♂は先に気づいて
卵を拾って泡巣に付着させるそうだ。
ところが現実はそうはいかないのだよ、♂が失神、
♀はせっせとその間に食卵という具合なのだ。
もー、手を突っ込んで卵拾って泡巣にくっ付けたい気分。

[17:30]
ちょっと目を離したすきに、とんでもない事態が発生。
いきなり凶暴になった♀は、♂を追いかけ突き回し
ボロボロな姿になってしまったのだ。
おまけに、 逃げるときにウォータスプライトの根っこに
ヒレをひっかけてしまい、バシャバシャもがいているのだ。
ひー、えらいことになったよ。
絡まったヒレをそーっと根っこから離してみたものの、
時、すでに遅し。もう、ボロボロのヨレヨレ状態になっている。

[19:00]
しばらく様子を見ていたが、 あまりにも♂の消耗が激しいため
♀を隔離することにした。
ちなみに、♀は絶好調で元気に水槽内を泳ぎ回っている。
卵をかかえて、 お腹はパンパンに膨らんでいるのだが
繁殖は一旦休止することにした。
♀は、エサをバクバク食べているが、♂は瀕死状態だ。
あー、この先どうなるんだろう。

ベタ巻き巻きシーンです。

beta_awa_1.jpg
posted by すねつむり館長 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。