2005年08月07日

〈ベタ繁殖記 その1〉 さかなの世界はキビシイのだ

朝からベタ♂は泡巣作りに余念がない。
水面をジーッと見つめて、何やら思案しているような仕草をする。
カニのようにブクブク泡を吹くのかと思ってたら、 一つずつ丁寧に
作っていくのね。
水面にウォータースプライトを浮かせたので、 フィルターによる
水流が和らぎ、今度は落ち着いて巣を作っているようだ。

[8:00]
ウォータースプライトの葉の裏側に泡巣がたくさん出来ている。
いよいよ、♂の繁殖態勢は整ったようだ。
♂・♀とも、体躯の色も益々濃くなり、発色が良くなっている。
色気づくとは、こーいうところから由来があるんだろうか。
なんちゃって〜。

[12:00]
いよいよ♀を繁殖水槽へ入れるため、水合わせを行う。
隔離用のボックスがやや大きく、 水槽内で扱いづらいので
結局、ペットボトルで隔離ボックスを作った。

[14:30]
準備が整ったので、 お手製の隔離ボックスを使って♀を
繁殖水槽へ入れる。
以前のように縦縞(視覚的横縞)も見られず、 お見合いは
上手くいっている様子だ。

[15:30]
♂はしきりに♀の前へ行って、フレアリングをしている。
攻撃的な様子はなく、誘うような仕草だ。
♀も以前のようにエラを開いて突撃することがなくなった。

[16:30]
んー、婚姻線らしきものが見える。
横縞(視覚的縦縞)が、頭の方に見えている。
♂は、泡巣を作っては♀の前へ行きヒレを開いて
ユラユラ揺らしている。
このユラユラは、人間で言えば「彼女、お茶でもどお?」
てな具合いなんだろうか。

[16:40]
おおっ!♀が隔離ボックスを飛び出して、 いつの間にか
水槽内で泳いでいるではないか。
どーりで、バシャッと音がしたと思ったわー。
自分で入っておいて、♀はあたふたしてるのだが、
♂は攻撃することもなく、 ゆっくり♀に近づいていって
そばでジッと見ている。なんて紳士なのかしら。感動。

[18:00]
♀は♂が近づくと逃げ回っている。
攻撃行動は見られないので、 後は時間の問題だろうと
高を括っているのだが良いのだろうか。
♂は時折誘う仕草をしながら、マイペースで巣作りをしている。
実際の産卵まで、もう少し時間が掛かりそうだ。
さかなの世界もいろいろと大変なのだよ。

posted by すねつむり館長 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。