2005年08月01日

オークリーフを入れてみた

昨日のベタのお見合いは失敗に終わったが、
懲りもせず再度挑戦してみた。
今度は同じ水槽内に隔離せず、 水槽を隣り合わせにして
様子をみることにした。
それでも最初は、互いに闘志満々だったのだが
やがて疲れたのか慣れたのか、♀がおとなしくなってきた。
縦縞(視覚的横縞)が出なくなったので、 少しはいいのかも
知れない。しばらくこのまま様子をみてみることにした。

今日は、ベタ達の水槽に「オークリーフ」を入れてみた。
ベタ関係のサイトを見ると「アンブレラリーフ」 がいいと
書いてあったので、近所の熱帯魚店で買ってきたら、
よく見たら「オークリーフ」だった。
調べたところ、同じ効果が期待出来そうなので入れることにした。
ベタはすごく好奇心が強く、葉っぱをジーッと見ている。
照明の点灯・消灯時も、上をジーッと見上げてカワイイ。
それに何より狭いところが好きだ。
フィルターの管と水槽の間に縦に挟まってジッとしている。
まるで発射台に装着されたロケットのような姿だ。
いまにも発射しそうな姿勢が笑いを誘う。

水槽紹介欄に、 小型カラシンとパールグラミーの水槽写真を
アップした。
パールグラミーは非常にシャイなので姿が見えないが、2匹いる。
写真右端、 CO2拡散筒付近に白っぽく見えてるのがハセマニアの
『けなげ』だ。元気いっぱいに順調に育っている。

posted by すねつむり館長 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。