2005年07月30日

あこがれのオーバーフロー

昨日も今日も、熱帯魚関連の器具が宅急便で届く。
ラックやら水槽が続々と運ばれ、 我が家が熱帯魚屋敷となるのは
もう間近であろう。

ベタ達をもっと良い環境においてやりたくて、 慌てて水槽など注文したのだが、落ち着いて考えてみると、 オーバーフローシステムにしたら
良かったなと、今になって思ったりしたわけだ。
すでに時遅し!頼んだ水槽はオールガラスタイプなので、
今更オーバーフローに加工出来ない。あ〜、 憧れのオーバーフロー。 いや、まだ諦めてはいない。
きっといつの日かオーバーフローにしてみせる。

ところで、 今日はグラミーとテトラ達の水槽の水替えを行う日だ。
グラミー達は、いつもエサを食べ損ねる割合が多い様子で、
しきりにキスゴムに付着した水垢をつついてたりする。
お陰で、すっかりキレイになっている。

ベタは水槽が小さいので、こまめに水替えを行っている。
ショーベタ♂の水槽にはスポンジフィルターを取り付けているので
水質が保てるのだが、 ♀の方には何も入っていないのでどうしても
濁りが生じてしまう。
夫が作ってくれた簡易ポンプが使い勝手が良く、 大変役立っている。 プラスチックボトル製の油差しのようなものに
シリコンチューブを付けて、チューブがクネクネしないように
アクリル管でガイドを付けたものだ。
夫曰く、「みんなこうして使ってるよ」とのこと。
「なんて心強い夫なのだ」と、 ここでたっぷり褒めておくことにしよう。

今日のメインイベントは、ショーベタのお見合いだ。
どーなるか分からんが、 ♂の水槽に隔離ビンに入れた♀を入れて
様子を見ようと思う。
なんか、♀の方が強そうなので、♂がどう反応するか心配。

posted by すねつむり館長 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。