2005年08月31日

ベタ、産卵する

sanran.jpg

ベタ産卵シーン しっかり巻いてます。

まぁなんと言うことでしょう、 あんなに逃げ回っていたメスが
オスに寄り添い、みごとに卵を産んでいるではありませんか。
どうしたことでしょう、それを見ていた夫は、 なぜか腹痛に
なったではありませんか。

と言うことで、今回のカップルは産卵に成功した。
お見合い中はメスを隔離箱に入れて、 一週間ほど同じ水槽内で
過ごしてもらった。必要以上に威嚇することもなく、 相性が良さそう
だったので、これは上手くいくかもと期待しながら時を待った。
そろそろ良い頃合いかと、 日曜日にメスを隔離箱から出してみると
1日ほどでメスの腹が膨らんで来た。卵を抱えたらしい。
火曜日の夕方からメスがオスの側に寄ってくるようになってから
3時間ほどで産卵が始まった。 その後3時間ほどかけて産卵は
終了。オスがメスを泡巣の近くから追うようになったので、 メスを
他の水槽へ移して無事完了した。

最初はオスが卵に興味を示さず、 水槽の底に沈んだまま無関心
だったが、少し経つとオスが卵を拾って泡巣に付け始めた。
メスは卵を拾っても食べてしまうと思っていたが、 全部食べてしまう
わけではなく、卵を拾って泡巣に付けていたので驚いた。
現在、泡巣にある卵は40〜50個くらいだ。

オスは今日一日、甲斐甲斐しく卵の世話をしている。
メスもオスも、 繁殖によるヒレなどのダメージが最小限に止まった
ので安心した。
前回、青組カップルがボロボロになったので心配していたが、
相性が良いカップルでは、こんなにも違うものだろうか。

以前の産卵の時もそうだったのだが、ベタが産卵する際に、
夫が腹痛を訴えるという現象が起こるのはなぜだろうか・・・。

posted by すねつむり館長 at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 飼育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。